FC2ブログ

~ノエルームへようこそ~ ノエル日記

2020年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年01月
TOP病院関係 ≫ 結論

結論

         本日もノエルームへご訪問ありがとうございます。


(本日は文章多めです)








昨日はセカンドオピニオンに行ってきました。





車に乗ってルンルンだったけど、病院なんだよね。かわいそうだけど




診察待ち~。







セカンドオピニオンは診察時間外に時間をたっぷりとってやって頂けるので

他の患者さんはだーれもいません。










お友達の紹介頂いた先生にご挨拶して診察スタート。



結論から言いますと



手術は見送りました(あくまで現時点では・・です)



というのは曖昧な症状だから。




今月の6日に検査した時の腫瘍の大きさと今現在では腫瘍が小さくなってて

膨れてない状況なのです。


もちろん先生にも細胞診の検査結果も見せてますし、そこには肥満細胞腫の組織も

写ってます。


ただ、先生は今現在、手術を勧める状況なのか?と言われればそうではない


との事。




「例えば親指大とかに膨れていれば有無を言わさず手術を勧めますが、この小さい腫瘍が

本当に肥満細胞腫なのかも、検査が出来ないほどの小さなもの。


手術をするとなると、大変な位置に出来てしまっているので、鼻も削って今とは

容姿はがらっと変わると思います。(鼻を削るから短くなって、あごが出るような顔になるんだって・・)


それが嫌で、最小限の部分だけ切除という事も出来ますが、再発のリスクは高まります。

ただ、容姿が劇的に変化するという事ではなくなりますが・・・・。


肥満細胞腫は基本は切除です。


ただ、手術で痛い思いをして腫瘍を取って検査に回した時に「実は違いました」って事も

なきにしもあらずかと思います」と。





前の病院ではお薬療法はまず考えないし、手術が1番という提案しかなかったけど


今回の先生は「飲み薬でガンを完全になくすという事は出来ませんが、(癌は切除が第一なので)

細胞をだまして行ける事もあります」と。




実際にこの腫瘍が肥満細胞なのかもしれません。


大きくなったり、小さくなったりしているのも事実だし、細胞診の時の止血具合から見ても

良くはない感じだったのも事実。


ただ、私も今のこの症状で手術はしたくないっていう気持ちが一番だったのです。



もしかしたら、今が手術の時なのかもしれません。



今回見送った事で後々転移して手が付けられない状況になるかもしれない。



ただ、今その手術のリスクを負う時期なのか?と考えると違うと思う。



実はこの腫瘍。


知っている人は知ってるかもしれませんが、1年前からあったんです。
(ブログには書いてます)


検査をしたのはぽちっと出来てから1年後の今年だったのです。



要は1年間、血液検査をしても何の異常もなく投薬も無く

ノエルっちは生きて来たのです。


この1年、たまたま運よく生きてこれただけかもしれません。



ただ、私の勘が ”今は手術の時ではないのでは?” と感じるのです



ここからは私の想いなので「何を夢みたいな事を言ってるんだ!」と

否定する方もいらっしゃるかと思います。




手術する事なく、ノエルっちの腫瘍をだましだまし行って、

ノエルっちの寿命が来るまで悪者は大人しくしていて欲しい。

これが今の願い。


肥満細胞腫って手術しても、次、出来ないとも限らない。


出来るたびに手術の選択を迫られる恐怖の病気です。


だから今回の手術をしたから”一生なりません”って保証がゼロなのです。



私はこの腫瘍が肥満細胞腫でない事


そして、ノエルっちの生命力と免疫力を信じていたいと思うのです。


もちろん、何年後かに手術することになるかもしれません。

お金が100万かかると言われたら出します。

その他、効果が出る投薬が少々お値段を張りますと言われても

きっとやると思います。



ただ、今現在は手術は受け入れられない。


容姿が変わるのが嫌なのも事実です。

容姿よりもノエルっちの命が一番。それも事実です。

ノエルっちは自分で自分の顔を知らない。

だから、ダックスじゃない顔・ノエルっちの顔じゃなくなって嫌なのは飼い主の

気持ちだけ。




でも先生も私も「いや・・・今じゃないのかも」と思っている。

なら、今やれる事をやって行ってみよう。


食事療法、免疫力を上げてあげる、ノエルっちのパワーを信じる

石切さんにもお詣りに通おう・・・色々やってみます。


これでも病魔が悪さをしたらまたその時考えます。



これからは今日行った病院をかかりつけ医にして

ノエルっちのデータ―を蓄積して行こうと思ってます。



この度、本当に多くの方から元気玉、応援コメント等頂きました。

本当にありがとうございます。

きっと皆様の応援や祈りが腫瘍を小さくしてくれているのだと感じています。

これからもノエルっちを応援して頂けると飼い主共々嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村


-------------------------------------------------------------------------------
初めまして♪の方からのコメントも大歓迎です♪
なお匿名コメント・営業目的・誹謗中傷的な内容のコメントは飼い主の判断により削除させて頂きます。
--------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト



Comment

行って良かったですね
編集
1年前に確かにノエルっち、ポチって出来てましたよね。
それから病院でも、何も異常が出なかった。
私もノエルママの考えに賛成です。
悪さをしてるのが少しづつ小さくなってくれる様に私もいっぱい祈ります。
全国の神様にノエルっちを頼みますとお願いします。
食事でノエルママとパパの溢れんばかりの愛情で免疫力アップ作戦でいきましょう。
大阪でのかかりつけ医が決まって良かったですね。
これからも、先生ノエルっち宜しくお願いしますね
2015年06月21日(Sun) 08:16
編集
おはようございます。
納得のいくお話しができてよかったですね。そして並々ならぬ決意と愛情に朝からウルっと来てしまいました。ノエルっちと出会えた運命と今日も元気にいられる家族のパワーを信じて、元気に頑張って下さい。ずっと元気玉送り続けますよぉ〰〰〰。サスケもチョビも応援してます。
あっ。でも無理はしないでくださいね。飼い主さんの健康も第一ですから‼
2015年06月21日(Sun) 08:20
No title
編集
ノエルくんママさんお疲れでした。良かったー。たくさん納得いくまで話せましたか。我が家も紹介した手前気になってました。そうそう紹介した病院は、ホントに直ぐ対処しなければ、ならない時は、対処しますが、血液検査を併用しながら、様子を見ていけたらいいですよね。僕もノエルママさんと同じ意見です。
2015年06月21日(Sun) 08:39
編集
私も手術しないかもな。
リスクは覚悟の上だけど、場所がね。
顔がかわるほどの手術を今やる必要性がね。
うまく共存できていけたら、それが一番いいし。それを望む。

手術でとるのが一番なのはわかってるけどさ、それもけっこう体力つかうしね。
私も…肺がんの時とかも、あと何回私はこの子に手術させるんだろう。と思ったもの。

でも、結果が曖昧ながらも良い結果が聞けてよかった
2015年06月21日(Sun) 08:40
No title
編集
おはようございます。

家族になったその日から~側で一番見てきた、
ノエルママさんの「勘!!」こそ、
ノエルくん♪にとって一番の選択だと思います。

ある、動物の病気の本に

「癌くらいで落ち込まないで下さい。癌になっても、長くよく生きる方法はあります。」 と、書いてありました。

くらいで~って思うけど・・・

人間同様、外科的治療・化学治療・放射線治療などいくつかの方法があり
その技術も、進化していると。。。

今日は、ゆっくりしてくださいね。
きれからも、応援してます。
2015年06月21日(Sun) 09:58
No title
編集
セカンドオピニオン、行って良かったですね。

うちの栞が同じ状態だったとしたら
やっぱり出来るだけ手術はしたくないと思う。
痛い思い、怖い思いをさせて
それでも再発する可能性があるのなら
食事療法や薬で出来るだけの事してあげて
毎日ノーストレスで楽しく過ごせるようにしてあげたいと思う。

そりゃー見た目より命の方が大事だけど
今すぐ手術しなきゃ命にかかわるわけじゃないんだし
ママさんだって悩みぬいて出した答えですもんね。

ノエル君の腫瘍が小さくなっていつか消えますように…!

2015年06月21日(Sun) 11:33
ミミのママさまへ
編集
こんにちわ。
色々ありがとうございます。

お腹とか背中とかに出来てて切除しても目立たない場所ならまだしも
お顔。
しかも鼻の部分はいろんな神経が通っている場所なので手術も相当
難しくなるとの事。

そして今は本当にこの腫瘍が悪さをするものなのか?という疑問もあるという事もあるなかで、切除して顔も変わってしまう・・・このリスクは大きいのではないか?と思って今現在はこの結論になりました。

これが正解なのかは分かりませんけどね
2015年06月21日(Sun) 11:35
サスケさまへ
編集
こんにちわ。
色々ありがとうございます。

先生に実際に診て頂いて「うーん。この状況で手術を勧めるべきかどうか・・・」という答えだったので、切除しなくっても良い洗濯もあるのではないか?と思って
この結論に至りました。

骨折とか痛みがあるとか元気がないとかそういう状況なら手術第一だろうけど、元気で食欲もあって痛がるそぶりもない・・・そういう状況で難しい手術をして
結果違う部分に影響が出て、しない方が良かったのも・・と後悔することも
あるのではないか・・・

と50分位先生とお話しして決めました。

この決断が正解だったのか?などは分かりません。
ただ今はこっちの道へ行ってみようと思うんです。

これからも応援して頂けると嬉しいです
2015年06月21日(Sun) 11:42
No title
編集
セコンドオピニオン、正解でしたね!
ママさんの判断に拍手です☆

腫瘍?うーん、「おでき」だな!
おできが、小さくなっていてよかったですね

これからも応援しますよ~!!!
2015年06月21日(Sun) 11:48
いさぱぱさまへ
編集
こんにちわ。

色々情報くださってありがとうございます。
診察時間外に50分位時間をとって頂いてお話して来ました。

確かに病理検査でも肥満細胞の結果が出ていて、前回受けた時はそうだったのかもしれない。
ただ場所(鼻)の影響もあってそうでてしまったのかもしれない。

今、先生が細胞腫の検査が出来る程腫瘍も無くなってるし、この状況で大がかりな手術を勧めるか・・という事は出来ないですとの事でした。

今後変わってくることも十分あるだろうけど、今は手術は考えたくないので
この結論になりました。

同じ意見と言って頂けて心強いです。
2015年06月21日(Sun) 11:49
あちゃる♪さまへ
編集
こんにちわ。

あちゃる♪さん、色々ありがとう。
あちゃる君の事で、色々な事を乗り越えて来たから説得力があるというか、ほんと心強いです。

「その決断、素晴らしいです」とか軽く言われても、AかBという決断を下さなければいけないんだもん。
手術か温存か・・・・。色々な事を天秤にかけて決めなければいけないのが
飼い主さんだもん。
素晴らしくともなんともない。乗り越えなければいけないものなんだもん。

お腹とかね、背中とかにぽちっと出来てて手術しても目立たない場所なら
やってたと思う。

だけど鼻。しかも骨も削って・・という感じになって顔も劇的に変化するって言われたら「お願いします」って即決出来ないです。

もしね、これが1歳位だったらやってたかもしれない。成長で顔も変わっていく事が出来るから。

でも6歳を控えてもう顔も変化しない中、大手術をして結果”違ってました”とか別の支障が出て後悔するのは嫌だったので、今回は見送りました。

先生も悩むって事は違うって可能性もあるから悩んでいるだろうし。

病気と上手く付き合っていく方法があればそっちを選択すると思います。

人間だって癌になっても薬と病気と上手く付き合って長生きしている人もいるんだもん

ノエルっちも1年間何ともなく生きてこれたんだし、ノエルっちもこっちのタイプの子だと信じたい。

この判断が後々やっぱり手術になるかもしれないけど、出来れば傷をつける事なく人生を全うさせてあげたい・・・・。これが最大の願いなのです。

私達が出来る事があればがんばってやって行こうと思ってます。

これからもノエルっちを見守って頂けると嬉しいです
2015年06月21日(Sun) 12:03
510♪さまへ
編集
こんにちわ。
色々ありがとうございます。

確かに癌って病気は厄介なのも重々承知しています。
ほんと、聞きたくない言葉第一位です。

でも、手術をしてあと10年再発せず生きれるって100%保障があるならやるのかもしれません。
だけど、寿命なんて誰にも分からない。

もしかしたら1年後なのかもしれないし、半年後なのかもしれない。

その中で、今なんともなく生活しているノエルっちに苦痛を与えて顔まで
変わる位になって良いのか?って考えると違うと思うのです。

私は病気とは上手く付き合って行きたいタイプ。
確かに病気にもならずに一生健康体な人・動物なら一番良いけど
今の世の中なかなかそういう事ってないと思うのです、

何かしらどこかしら病気があるけど、無理な手術をすることなく上手く付き合って生きてる。
それが一番なんだだと感じます。

あくまで私の考えなので、「いや、きちんと治療すべきでしょ!」って思う人もいて当然だと思いますが、ノエルっちがあと10年生きるのか?と言われれば
たぶん可能性は低いと思う。

だったら今思いっきり楽しい事をしてあげてた方が良いのでは?と思って
回避しました。

手術をしないという事は、この病気と一生付き合っていく、毎日大きさを気にして不安とも隣りあわせだと思いますが、ノエルっちの免疫力に頑張ってもらって様子を見て行きたいと思います。

これからもノエルっちを見守って頂けると嬉しいです。
2015年06月21日(Sun) 13:06
you*さまへ
編集
こんにちわ。

今回セカオピして先生の違った意見、治療法も聞けたので本当に良かったと
思ってます。

やっぱりダックスにとって長い鼻ってチャームポイントだと思いますもん。
それを容姿ががらっと変わる位にまで変えて、100%再発しません!あと10年以上生きれます。という保証なんてないですもん。

ノエルが今現在、痛みとか食事が出来ないとかなにか不都合が出ているなら
当然手術も考えますが、元気いっぱい、食欲モリモリなのに、そんな事して
メリットがあるのか?と考えると違うと思うのです。

それに100%肥満細胞腫なのか?という疑問も出てきている。

だったら今まで通り過ごさせてあげた方が幸せなのではないか?という
結論に至りました。

これが後々どういう結果になるのかは分かりませんが、今はこれが飼い主の答えです。

私は出来る限りの事はやって行こうと思います。

2015年06月21日(Sun) 13:12
店主さまへ
編集
こんにちわ。

セカオピで違う意見を聞くことが出来て良かったと思います。
手術回避が正解なのか?というのは分かりません。

だた、前回よりも治療の選択肢は明らかに増えました。

最終決断を下すのは飼い主なので、先生も強要はせず、
こういう選択肢もありますよ・・・というのを提案してくれました。

やっぱり手術って負担もかかる行為なので(病気の手術は特に)
出来るだけ避けて行きたい・・これが本音です。

ノエルっちの寿命が来るまで悪さをせずいてくれて欲しいです

2015年06月21日(Sun) 13:17
編集
ノエルくん、パパさん、ママさん、お疲れさまでした。
ママさんの考えと先生の考えとがマッチして良かったね。
そして私はママさんの決断をサポートしたいな。
ママさんはノエルくんのお顔がどう変わったって、
ノエルくんを大切に思う気持ちは変わらないし、
ノエルくんへの愛情も変わらない。
そんな人じゃない。
だけど、お顔が変わっちゃうかもしれないのは抵抗感じるんだよね。
ママさんの言わんとしている気持ちわかります。
ママさんの信じる道でノエルくんをサポートしていってほしいな!

それから昨日のクソジジイには、
「ソコはお前の土地なのか!」
と、言いたい。٩(๑`^´๑)۶
2015年06月21日(Sun) 14:23
編集
セカンドオピニオンに行って新たな
方向性が決まって良かったですね!
新しい先生の仰る事は私も同感!
取ってみて違ったら、ノエルくんに
かかる負担も大きいし、一年間今の
状態をキープしてきたノエルくん
だもの。
きっと、これからもノエルママの
愛情こもったご飯を食べていれば
悪さしないでいてくれると信じたい
ですね。
油断しちゃいけないとは思うけど
何か私ったら嬉しくて(^_^;)
このまま腫瘍が無くなるといいなぁ。
2015年06月21日(Sun) 17:40
編集
こんばんは^^

ノエルくん、パパさん、ママさん
病院お疲れ様でした^^

セカンドオピニオンの先生とじっくり話し合えて
今後の治療法が見つかって良かったですね。
手術するかしないか、本当に悩まれたことと思います。
決断しても心が揺らぐことがあると思うし・・・
でもノエルママさんの決断、私は応援するからね!
もし、手術してやっぱり違った・・・なんてことになったら
お顔だしね。
慎重になるのわかります。
ノエルママさん手作りの美味しいごはんをいっぱい食べてれば
きっと病気なんてどこか行っちゃいます^^
ノエルくんの免疫力を信じて・・・
これからもめるもなとパワー送り続けるからね^^
ノエルくん、頑張って!
2015年06月21日(Sun) 19:44
さくらんぼさまへ
編集
こんばんわ。

色々ありがとうです。
セカオピでも先生が即決で「手術ですね」と言ったのであれば
また違った方向になったかもしれません。

でも先生もこの時点ではうーん・・・・という事だし、先生自身も飼い主の立場だったらやらないかもしれないという事でした。

昔は肥満細胞腫の治療は切除!これのみだったそうなのですが、某動物大学の研究で4~5年前から投薬の道もあるという発表もあったそうです。

癌なので完全に治るというのは稀ですけど、ノエルっちの寿命までにっくき細胞が悪さをせずじーっとしていてくれたらこれに越したことはないです。

やっぱり顔の手術って抵抗あります。
先生も言ってたけど、下あごならまだ何とかカバーできるけど、中心の
部分でしかも鼻。
顔が完全に変わるって言われたら即決出来ないですもん・・・・。
整形手術じゃないので・・・。

今、ご飯もモリモリ食べて元気なのに手術して食欲なくなって衰弱なんて一番やりたくないです。

なので今はこの選択をして行こうと思いました。

今後も応援して頂けると嬉しいです
2015年06月21日(Sun) 19:57
eriさまへ
編集
こんばんわ。
色々ありがとうございます。

もしセカオピしてなかったら手術してたのかもしれません。
でも、最初に先生のお話聞いた時から「絶対セカオピしよう!」って思って
すぐに電話で予約したのです。

きっとこの行動もこっちの選択への導きだったのかな・・と感じてます。

検査結果では確かに肥満細胞腫の組織も写っているけど、今は検査出来ない程に小さくなっているし、先生も半信半疑の状態。

この状態で鼻を取って万が一ノエルっちの食欲がなくなって衰弱したりとか
する方がすっごい後悔してしまうと思うのです。

この1年、何ともなく生きてこれたノエルっちの生命力を信じつつ、私やパパのサポートでノエルっちが一番幸せに生きれるのを目標に頑張りたいと思います。

これからも応援してくださいね。
2015年06月21日(Sun) 20:02
ゆきさまへ
編集
こんばんわ。
ご心配ありがとうです。

お腹とか背中とかなら「・・・分かりました」って言ってたかもしれないけど、
この位置でしかも簡単な手術じゃなく、顔も変わるって言われて即決する
飼い主さん、相当強い人かもしれません。

私は出来ませんでした。

それにセカオピの先生もすごく悩まれていたし。
大掛かりな手術をして腫瘍を取って「違ってました」という例も過去に
何度もあるんですって。

そんな事になったらノエルっちにも申し訳ないし、ノエルっちの体になるべくメスを入れる事無く天命を全うさせてあげたい・・・これが一番の願いです。

私とパパでノエルっちに出来る事を沢山してあげて、あとはノエルっちの免疫力にも頑張ってもらってどこまで出来るか・・・。

頑張りますので応援していてくださいね♪
2015年06月21日(Sun) 20:13
No title
編集
こんばんは。
遅くなりましたが今じゃない!とママさんが思うなら今じゃないんだと思う。
ノエルくんの事一番見てるママが今じゃないと思うんだもん。
免疫力でそんな悪いヤツやっつけてしまえ!!と思います。

かかりつけの先生もみつかってよかったですね。

ノエルっちは元気に公園を飛んで走ってが一番にあうもんね♪
これからも無理せず楽しくいこうね♪

2015年06月25日(Thu) 01:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL