~ノエルームへようこそ~ ノエル日記

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日記 ≫ 見直そう!防災セット

見直そう!防災セット

                本日もノエルームへご訪問ありがとうございます。



今日で東日本大震災から5年。


今でもあの日の事は鮮明に覚えてます。


その日はママは有休を取って外出してちょうど最寄りの駅に着いて

夕食の買い物をしようとレジに並んでいた真っ最中。

グラグラ~って来て百貨店も停電。

手持ちのラジオで聞いてみたら「東北の方で大きな地震」


この分だと電気の開通も時間がかかるだとうと持って


商品をキャンセルしてすっ飛んで家に帰りました。


ノエルっちはもちろんお家でお留守番。


家の物は落ちたりはしてなかったけど、お留守番カメラで見たら驚いて

ハウスの中にこもってました。


ノエルっちとは地震後30分後には会えたけど、マンションも夜の10時頃まで

ずーっと停電してて暖房も使えないし、TVも見れないので状況も分からないし、

蝋燭の火を灯してノエルっちに服を着せた上から毛布をかぶらして寒さを

凌いでました。


もちろんパパはお仕事で都内から帰ってこれるのか分からず・・・・。


津波の被害とかを知ったのはその日の深夜だったのです。


普段、何事もなく過ごせていると考えないけど





ノエルっちの保存食の賞味期限を見直してみました。





以前は






ママの避難リュックに一緒にノエルっちのフードも入れてたのですが

入れっぱなしにして賞味期限が切れてた!という事もあって








このケースに入れてキッチンに置くようにしました。


布のバッグも一緒に入れて置くことによって急いでてもそのままガサッと

入れればOKにしといたの。



飼い主のご飯は1日・2日位食べなくても何とかなるけど


ノエルっちは何でも食べる子じゃないから(特にカリカリは苦手)常日頃から

食べなれている物はストックしておくようにしてます。




いざという時は

リュックを背負ってノエルっちはスリングに入れて避難です!




怖い思いを2度としませんように・・・。
ぽちっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村




サタケ マジックライス 6種類セット ...

サタケ マジックライス 6種類セット ...
価格:2,268円(税込、送料別)


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
5年前の今日、それぞれの思いがあり忘れられない
忘れてはいけない日ですね!

いいアイディア☆いただきました~♪
うちも、避難用はいつものカリカリしょってく?的でしたが
通常のおやつをママさんみたいに箱に入れてKeepしておけば
通常もOK!賞味期限もOK!災害時OK!と3拍子☆
これなら、ものぐさなうちでもできます~!
ありがとうございます☆
でも、できるなら、怖い思いを2度とさせたくないですね。。。!
2016年03月11日(Fri) 18:00
店主さまへ
編集
こんばんわー。

まさかあんな大震災が起こるなんて誰も予想してなかったですものね。
ノエルっちも経験してしまったので、もう2度と起きないことを願うのみです。

人間の食事ならなんとかなりますけど、ペットの食事は飼い主さんしか
用意できませんからね~。
前はリュックに入れてたんですけど、気づいた時には消費期限が切れてて
捨ててしまったり・・・という事があったので、普段から食べなれている食事をケースに入れて、いざという時にはまるっと持っていけるようにしつつ、普段から消費期限を見て補充しておいた方が1番だ!と思ってこういう方法にしました。

ノエルっちはカリカリが苦手な子なので、缶詰とかになってしまうけど、食べれるカリカリは小分けタイプを買っておくようにしています
2016年03月11日(Fri) 20:26
本当にそうですよね
編集
あれからペットも一緒に避難所にいける様になってるんでしょうか?
動物が苦手な方も居るのでペット連れ専用の避難所を作るとかしてくれてるんでしょうか?それが、心配です。
2016年03月11日(Fri) 22:37
ミミのママさまへ
編集
こんにちわー。

現実はまだまだペット達には酷なものだと思いますよ。
震災などでは人命第一ですから、せめて自分のペットは自分で守らないと・・。
仮設住宅もペットと一緒に住める所なんてなかなかないそうですし。

我が家がもしそうなったら車の中でノエルっちと一緒に生活するしかないな~って思ってます。

2016年03月13日(Sun) 14:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL